img-s

超宗派有志僧侶の会窓口フォーム

僧侶・寺族・伝統宗教家の皆様

伝統佛教僧侶・寺族・伝統宗教家の皆様のご参加をお待ちしております。

会員には本名あるいは宗教者名を明らかにして活動する「正会員」と、諸事情により本名あるいは宗教者名を公表せずに活動する「賛助会員」がございます。

ご参加いただける方は、公開可能な情報とともにお申し込みいただけたら幸いです。

詳細は、超宗派有志僧侶の会《規約》をご覧ください。

何卒、ご理解ご賛同の程、よろしくお願いいたします。

※どこまで公開可能かお知らせいただけたら幸いです。

例「神奈川県、〇〇寺、神奈川太郎」「東京都、〇〇宗、僧侶」「山梨県、40代、僧侶」

お問い合わせ・ご意見・ご質問

お気軽にお問い合わせください。スパム行為や悪質な内容のものに関しては対応いたしません。

ご相談

マスク・自粛等で苦悩している学生さん(小学校1年生から高校3年生まで)、コロナ騒動下で家庭や職場で苦しい思いをされている皆様からのご相談をお受けいたします。

お話を聴いて差し上げることしかできないかもしれませんが、思いを伺って、少しでも皆様の力になれましたら本望です。

ご返事が遅れる場合もございます。二週間たっても返信が無い場合は機械的トラブルも考えられますので、再度お申し込みください。

サポーター

お寺関係以外の方で応援くださる皆様を募集しています(金銭的支援はご遠慮いたします)。

お住まいの都道府県、お仕事・お立場、お名前をホームページに挙げてくださる皆様、また、お名前は挙げられないけれど、都道府県、性別、お立場、年齢等まで挙げさせていただける皆様、お待ちしております。

※どこまで公開可能かお知らせいただけたら幸いです。

例「神奈川県、〇〇社勤務、神奈川太郎」「東京都、主婦、40代」「東京都、会社員、東京太郎」

※個人情報は厳守いたします。

超宗派有志僧侶の会

◇ 趣旨・理念

「超宗派有志僧侶の会」は、以下の理念に賛同し、日本と子どもたちの未来のため、国民の健康と幸せのために行動する伝統佛教に属する僧侶と寺族および伝統宗教家の会です。

  • 科学的に安全性が立証されない限り、子どもたちの新型コロナワクチン接種に反対します
  • 科学的に安全性が立証されない限り、これ以上の新型コロナワクチン接種に反対します
  • 子どもたちの、新型コロナウイルス感染症対策を理由とするマスク着用、ならびに給食昼食時の黙食に反対します
  • 新型コロナワクチン接種の有無に対する差別的見解に反対します
  • 新型コロナウイルス感染症の二類感染症から五類感染症以下への引き下げを提言します
  • 新型コロナウイルス騒動以前の、健全たる国、地域社会、学校に戻るようできる限りの精進をいたします
  • 意見の異なる個人・団体とも、日本と子どもたちの未来の為に意見交換をしていきます
  • 特定の政治団体、宗教団体等に寄与するものではありません
  • 科学的根拠、医学的根拠を遵守、尊重します

◇ 規約

第1条(名 称)

この会は、「超宗派有志僧侶の会」と称する。

第2条(事務局所在地)

この会の事務局は代表所属寺院に置く。

第3条(目 的)

この会は、以下の理念を共有し、日本と子どもたちの未来のため、国民の健康と幸せのために行動することを目的とする。

第4条(理 念)

  • 科学的に安全性が立証されない限り、子どもたちの新型コロナワクチン接種に反対します
  • 科学的に安全性が立証されない限り、これ以上の新型コロナワクチン接種に反対します
  • 子どもたちの、新型コロナウイルス感染症対策を理由とするマスク着用、ならびに給食昼食時の黙食に反対します
  • 新型コロナワクチン接種の有無に対する差別的見解に反対します
  • 新型コロナウイルス感染症の二類感染症から五類感染症以下への引き下げを提言します
  • 新型コロナウイルス騒動以前の、健全たる国、地域社会、学校に戻るようできる限りの精進をいたします
  • 意見の異なる個人・団体とも、日本と子どもたちの未来のために意見交換をしていきます
  • 特定の政治団体、宗教団体等に寄与するものではありません
  • 科学的根拠、医学的根拠を遵守、尊重します

第5条(会員資格)

1.この会の会員は、理念に賛同し伝統佛教に属する僧侶と寺族、および伝統宗教家をもって構成する。

2.会員には本名あるいは宗教者名を明らかにして活動する「正会員」と、諸事情により本名あるいは宗教者名を公表せずに活動する「賛助会員」との資格の別を置く。発言権や議決権については「正会員」と「賛助会員」は同等のものとする。「正会員」の所属寺院名は外部には伏せても内部では明らかにする。「賛助会員」も代表(事務局長)には所属寺院名および本名あるいは宗教者名を申告しなければならない。

3.伝統宗教以外の新宗教または新興宗教や伝統宗教と著しく異なる思想団体に属している者、あるいは該当団体の情報発信を含む活動をする者に会員資格は与えられないし、判明した場合は除名とする。

4.この会の理念また佛教「中道」の精神に基づき、著しく政治活動に加わる者は正会員への参加資格を与えられない。正会員が顔や名前を出して政治活動や立候補あるいは積極的な応援運動を始める時は事前に代表または事務局へ告知しなければならない。その際は、賛助会員への移行あるいは退会について協議を行う。また退会後もこの会に籍を置いていた履歴を政治活動に利用してはならない。

5.SNSなどで対外的に情報発信する際には「超宗派有志僧侶の会」会員としての責任を持ち、常に世間の評価を受ける・影響を与える立場にある自覚を持つこと。個人の意見・見解・賛同が、この会としてのものであるとみなされることがあってはならない。特に正会員や「超宗派有志僧侶の会」の名前を掲げる者はより一層の注意を払わなければならない。発信しようとする情報内容(団体・組織・事柄・科学的根拠・医学的根拠)に迷いがある場合は、「超宗派有志僧侶の会」内部(掲示板や定例会議)で積極的に意見交換を行うことが望ましい。

6.会員とは別に、この会の趣旨・理念への賛意を「超宗派有志僧侶の会」ホームページ上で表明する「サポーター」を募集する。「サポーター」はこの会の運営には直接、携わらない。

第6条(組 織)

1.この会に、次の役員を置く。

代表1名

事務局3名

2.代表は「超宗派有志僧侶の会」発起人である大埜慈誠師が勤める。代表は事務局長を兼務し、事務局を統括する。代表交代は大埜師による新代表の指名と役員会および定例会議における承認を必要とする。

3.事務局は、賛助会員を含む会員の中から定例会議において選出され、任期は1年とする。ただし再任を妨げない。事務局辞任などにより欠員が出た場合は随時、定例会議において選出する。

4.外部に向けて役員氏名を公表するのは代表のみとする。

第7条(退 会)

1.本規約は入会時に提示されると同時に承認をしたものとみなし、それに反した者は退会処分とし、場合によってはその旨を公示する。

2.会員は、退会したい旨を代表に申し出ることで、任意に退会することができる。

3.会員が死亡したときは、退会したものとみなす。

第8条(規約の改訂)

規約の改訂は役員会で決定する。

※この規約は、令和5年(2023)5月10日より適用する。

    お名前 ※必須

    フリガナ ※必須

    性別

    年齢 ※必須

    ご住所(都道府県のみ) ※必須

    メールアドレス ※必須

    メールアドレス確認用 ※必須

    資格 ※必須

    お申し込み

    お問い合わせ

    詳細 ※必須

    プライバシーポリシー

    超宗派有志僧侶の会《プライバシーポリシー》

    超宗派有志僧侶の会(以下「当会」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、事務局に個人情報保護の重要性の認識と取り組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進します。

    ○個人情報の定義

    個人情報とは超宗派有志僧侶の会《窓口フォーム》利用時に取得した「お名前、性別、年齢、住所、メールアドレス」と入会審査時に事務局で確認した寺院(宗教)に関する情報等と定義します。

    ○個人情報の管理

    当会は、会員とサポーターならびに利用者の個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の管理を行います。

    ○個人情報の利用目的

    会員とサポーターならびに利用者から取得した個人情報は、当会からの連絡や案内および質問・意見・相談に対する回答として、電子メールや資料の送付に利用します。

    ○個人情報の第三者への開示・提供の禁止

    当会は、会員とサポーターならびに利用者より取得した個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示しません。

    ・会員とサポーターならびに利用者の同意がある場合

    ・会員とサポーターならびに利用者が希望するサービスを行なうために当会が業務を委託する業者に対して開示する場合

    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    ○個人情報の安全対策

    当会は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ○本人の照会会員とサポーターならびに利用者が本人の個人情報の照会・修正・削除などを希望する場合には、本人であることを確認のうえ、対応します。

    ○法令、規範の遵守と見直し

    当会は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

     

    お問い合わせ

    当会の個人情報の取り扱いに関するお問い合わせは下記までご連絡ください。

    超宗派有志僧侶の会

    Mail:choshuha.yushisoryo@gmail.com

    最新改訂:令和5年9月26日